医療レーザー脱毛の痛みについて

医療レーザー脱毛の痛みについて

医療レーザー脱毛の場合、痛みが強いと言う事が言われています。では、実際、どのような痛みで、我慢する事は出来ないのでしょうか?

 

医療レーザー脱毛の痛みの原因とは?

医療レーザー脱毛の場合、一般的な脱毛サロンなどでの脱毛に比べ、出力が非常に高くなっています。その為、その強い出力によって、細胞を破壊する事から、多少の痛みが伴うと言われているのです。

 

医療レーザー脱毛の痛みとは?

実際、医療レーザー脱毛の場合、どのような痛みを感じる人が多いかと言うと、一般的な説明では、「輪ゴムでパチンと弾かれたような痛み」と言う説明になっています。

 

その為、光が出る際に、パチン、パチンとした痛みが生じると言う事になってくるのです。そして、この痛みには、個人差があると言う事が言え、例えば、同じ輪ゴムでも、軽く弾かれた場合や強く弾かれた場合。

 

また、細い輪ゴムで弾かれた場合や太い輪ゴムで弾かれた場合など、輪ゴムの強さ、太さなどによって痛みが違うのと同じで、医療レーザー脱毛の痛みにおいても、人それぞれ、感じる輪ゴムの痛さは違ってくると言う事なのです。

 

医療レーザー脱毛において、痛みが生じやすい箇所とは?

医療レーザー脱毛だからと言って、どの箇所の脱毛においても、痛みが生じると言った事は少なくなっています。多くの場合、皮膚が弱い、薄いところで痛みを感じる事が多く、特にVIO脱毛の際に強い痛みを感じる人が多いようです。

 

医療レーザー脱毛において、痛みが我慢できない場合は?

医療レーザー脱毛の場合、どうしても痛みを我慢する事ができなかった際は、麻酔を使用する事が可能になっている事が多くなっています。

 

麻酔と言っても、手術の際に使用するようなものではなく、患部に塗るだけといった簡易的な麻酔の為、気にする事なく、使用する事が可能になっています。

 

その為、痛みを我慢する事が出来ない場合は、無理をせず、麻酔の使用をお願いする事をお勧めします。