全身脱毛は痛くなくなってきている

全身脱毛は痛くなくなってきている

全身脱毛って痛そう、こんな不安がありませんか。サロンやクリニックではプロが丁寧にお手入れをしてくれるので、カミソリや毛抜きで自己処理したときのように、黒ずみやブツブツができにくいメリットがありますが、痛いと思うと施術をためらってしまいますよね。

 

でも、安心してください。全身脱毛は痛くなくなってきているのです。

 

冷やして痛み軽減

痛みが発生するのは熱が生まれるからです。サロンやクリニックでは黒い色素に反応する波長の光を使用しています。光を与えると毛が熱を吸収し、そのダメージでムダ毛が抜けるようになります。熱が発生するので熱による痛みを感じます。

 

痛みは熱を抑えることで軽減します。施術前にはジェルを塗って肌を保護して痛みを軽減します。冷やしながら脱毛できるマシンもあり、マシンが冷やすタイプだとジェルを塗るよりも痛みが少ないです。

 

麻酔を使用

クリニックでは医療レーザー脱毛を行っています。医療レーザーは出力が高いので、サロンの光脱毛よりも痛みが強いです。全身脱毛ではVIOラインに強い痛みを感じます。

 

しかし、医療機関では麻酔を使用することができます。

 

クリームや笑気麻酔を使用して痛みを軽減させることができるので、痛みを感じやすいVIOラインも安心して脱毛を受けることができます。心配な場合は医師に相談してください。

 

痛くない脱毛マシン

脱毛マシンの技術が進歩して痛くないマシンも登場しています。

 

多くのサロンで行っている脱毛方法には、IPL脱毛とSSC脱毛があります。どちらも光を使った脱毛方法なのですが、使用している光が違います。

 

痛みが少ないのはSSC脱毛です。抑毛成分を配合したジェルと安定した光の相乗効果でムダ毛を処理します。肌への負担が少ないので痛く感じにくいです。
レーザー脱毛ではダイオードレーザーやライトシェアデュエットなどが痛みが少ないです。皮膚を吸引してムダ毛に効果的に光を与えることで痛みを軽減させるレーザー脱毛機もあります。